体験談

石清水八幡宮のお宮参り体験談!ママが着物を着るならお宮参りと写真撮影は別日に

投稿日:

石清水八幡宮のお宮参り概要

 

石清水八幡宮のお宮参り体験談

母の着物を着ることにしたので、しばらく授乳できないと思い、朝早く起きて事前に搾乳して哺乳瓶に入れて持っていきました。しかし、退院後完全母乳だったので哺乳瓶で飲めず、お参り後でしたが大泣きしたので大変でした。

着物をお参り直前に着て、終わったらすぐ脱げるようなら問題ないと思いますが、お参りの日と写真館で写真を撮ってもらう日は、途中で授乳が難しそうならできるだけ分けた方がいいと思います。赤ちゃんの機嫌を一番に考えた方が、写真も笑顔で取れるのでいいと思ます。

石清水八幡宮は駐車場から本殿まで少し歩きますが、神主さんや巫女さん、その他のスタッフの皆さんもとても親切です。

本殿はすきま風で寒いですが(工事中だったからかもしれません)、ストーブを置いてくれたりブランケットを貸してくれたりと、こちらが不快にならないようにとの気遣いがありうれしかったです。

神社側のお心遣いのおかげで息子も機嫌よくしていられました。冬だったのでとにかく暖かくしてあげることが、機嫌よくしていられる上で大事だと思います。

産着の下はベビードレスでしたが、下着とベビードレスだけでは寒いです。全身を覆うモコモコのアウターなどでくるんであげるといいと思います。

本殿に上がるときはかなり急な階段なので、赤ちゃんをだっこしている方や小さい兄弟がいる方は注意が必要です。赤ちゃんを抱っこしている方が着物を着て居たらかなり危険です。かならずどなたかがサポートにつくようにした方が安全だと思います。

産後1か月でのお宮参りは、母親はヘトヘトです。お宮参りに行かないといけない、着物の準備、着付けの準備、ヘアアレンジのため美容室の予約、お参り後の写真館の予約、お宮参りのお祝いの宴会の準備など、やることは本当にたくさんありましたが、この時期の母親は何も考えることができません。

できるだけ旦那さんにサポートしてもらうようにしましょう。また、産後1ヵ月でお宮参りといわれますが、赤ちゃんの体調やその日の気温、天気、そして母親の体調を見ながら柔軟に決めたらいいと思います。

知り合いは寒い時期だったこともあり、春先まで延期したようです。それでも、しっかりお参りできたのなら問題ないと思います。ただ、赤ちゃんはすぐ大きくなってしまうので、写真だけはできるだけ早いうちに撮っておくといいですね。

お参り後に大泣きした息子ですが、お昼寝ができたので写真館ではご機嫌でした。

石清水八幡宮のお宮参り情報

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

キャッシュレス決済で5%還元対象

「SWEET MOMMY」を見てみる

--時間--- 冬支度セール開催中 MAX73% OFF

RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんが産まれて初めての行事「お宮参り」。どんな洋服を着ていけば良いか悩んでいませんか? 「集合写真に映える洋服が着たい」 「赤ちゃんを抱いてたくさん歩くから動きやすい服装にしたい」 「産後の体型を ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.