体験談

震災の影響せいで!苦痛を味わった水天宮でのお宮参り

更新日:

水天宮のお宮参り概要

 

水天宮のお宮参り体験談

本来なら生後三ヶ月くらいを目安に参拝する予定でしたが、東日本大震災があり延期になりました。

もともと仕事の関係で関東に住んでいただけなので、里帰り出産で地方に帰省していた私と子どもは震災にあいませんでしたが、自宅に帰宅もままならなかったので、地方で生後半年まで過ごしており、三人でお宮参りする機会が生後半年以降となりました。それ以外、子どもの病気とか特段理由があったわけではありません。

また、お互いの両親も地方で年配、関東までわざわざ足を運んでお宮参りに同行してもらわなくてもいいかなと相談して決めました。

本来なら生後三ヶ月前後でお宮参りをしているので、一緒に参拝した子どもと比べて、あきらかに大きさの違うわが子。当初はまったく気にしていなかったのですが、人の気をしらない発言をする方もいるのかとすごくショックを受けました。

偶然一緒に控室で待機する事になったご家族がいたのですが、こっちは家族三人、相手方は父母のご両親4人含め総勢7名。しかも父方の母親と思われる方が、赤ちゃんをきちんと着物でつつんで抱っこ。

こっちは、ほぼ私服です。教科書通りの姿格好で自分たちが正当と思ったのか、私たちに向かって「あの赤ちゃん可哀想に。あんまり祝福されていないのかな」等々、と大きな声で言うご年配。他に人はいないのであきらかに私たちに向かっての発言。

当初は聞こえないふり、私は、自分たちは自分たち、と思っていたのですが、知らん顔しているのが気にくわなかったのかさらに「○○ちゃんはよかったね~、こんなに綺麗な着物着て、沢山の人にお祝いされて~」ですって。

ご年配の方、非常識にもほどがあります。お祝いの席で赤の他人、どうこういう事ないのに。

ですが、先方の赤ちゃんは泣いてグズりっぱなし。方やこっちはニコニコご機嫌。先方の母親が授乳やオムツかも、と声掛けしても渡すそぶりなし。完全な自己満足のお方だと思いました。私は心の中で「そちらの赤ちゃんの方がこれから先ずっと可哀想」と思いました。

そんな嫌な気持ちになる事もありましたが、参拝字体は、待ち時間に反比例してすぐに終わりました。わが子は大人しく抱っこされていたので、親としてすごく安心してすごせました。写真もその日は特に予約等していなかったので、持参していたカメラでスナップ写真だけ撮って終わりとなりました。

出かける日は、子どもの体調や天気も考慮し、自家用車で日本橋水天宮まで行きました。朝早めに行って、受付はすぐに済んだのですが、順番待ちが多く長く感じました。

水天宮のお宮参り情報

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

\バカンスセール開催中 お盆中も毎日出荷!(8/22迄)/

「SWEET MOMMY」を見てみる

セール終了まで --時間---

RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんと初めて出かけるお宮参りは、ママにとって楽しみなイベントの一つですよね。 しかし楽しみな反面、「何を着て行こう?」と悩むママも多いんです。 お宮参りは産後約1ヶ月に行うので、体型は戻りきらず、 ...

-体験談

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.