京都府 京都市伏見区

ふしみいなりたいしゃ 伏見稲荷大社

伏見稲荷大社でお宮参りしました!体験談レポート

混雑を避けた時間帯を狙って行った夫婦で初めての印象的な伏見稲荷大社へのお宮参り

伏見稲荷大社のお宮参り概要 上段(項目) 下段(詳細) 日付 2016/10/5(水) 天気 晴れ 参加者 私、主人、息子 所要時間 15分 事前予約有無 なし 初穂料 初穂料金は、一番安いもので50 ...


伏見稲荷大社の口コミ

【参加者】私、妻の二人
【初穂料】5,000円
【感想】
結婚三年目となる妻と二人で家内安全の
祈願をしてもらいに行くことになりました。
初穂料は、小供3000円から大神供は10万円まであったのですが、
他の神社では5000円である事が多いので、
中供の5000円を選びました。
帰りに神札とお酒をもらいご祈祷が終わりました。
その後、本殿より左方にある講務本庁方面へ歩き。
更に左の方へ伏見稲荷の中を散策し
産場大神というところへたどり着き、お参りにいきました。
そして、近くの茶店で休憩する事になり、
お店の方がとても愛想よく、面白い話をして下いました。
不妊で悩んでいてた夫婦が
隣の産場大神でお参りをしたところ無事子供に恵まれたとのこと。
他にも仕事が繁栄された方の話や様々なご利益のあるお話をして下さり。
またお参りに行きたいなぁと思っております。
【参加者】私、主人、息子、主人の父、私の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
息子は8月産まれでしたが、暑さの関係で2ヶ月頃の10月に伏見稲荷大社でお宮参りをしました。
朝の10時頃に行きましたが、気候も穏やかだったからか観光客も大変多く、境内は人で賑わっていた中、ご祈祷受付で申し込みをしました。
子どもの名前と誕生日、住所、両親の名前を聞かれ、最後に初穂料を納めました。5千が1番安く、それより値段が上がると頂けるものが違うだけということで、祈祷の内容は変わらないということから5千円にしました。
申し込みを終えると、祈祷入口に行くように言われ、その前にはたくさんの人が待っておられました。前の人達の祈祷が終わると流れ作業のように中に案内され、空いている席に座りました。
この日のお宮参りは私たちのみで会社の繁栄で来られてる方が30名ほど、若いカップルも一緒でした。
祈祷中、息子は私の母に抱いてもらい、寝ていましたが途中泣いてグズグズ… 周りはこちらを見る方も多かったですが、祈祷は続きます
30分ほどで終了し、名前を呼ばれたら出口に行き、手形を押す色紙、紅白饅頭、お米を頂いて帰りました。私達だけではなかったので、あっさりと流れ作業のようでお宮参りをしたという感じは正直しませんでした。また、頂けるものも他の神社ではお食い初めの食器を頂けるところもあると聞いていたので、少し少なく残念でした。
【日付】2012/10/12
【参加者】私、主人、私の両親、主人の両親
【初穂料】5,000円
【感想】
生後、ちょうど1ヵ月の時に行きました。
朝の10時頃に着いたのですが、、天気も快晴だったため、観光客の方も多く、境内は人で賑わっていました。お宮参りの方もたくさん来られていました。予約は不要だったため、ご祈祷の受付でまず並んで申し込みをしました。
子どもの名前と誕生日、住所、両親の名前を聞かれて、最後に初穂料を納めました。初穂料は、5千円が1番安く値段が上がると頂けるものが違うだけということでしたので、5千円を納めました。
前の人達の祈祷が終わると、どんどんと中に案内されて、空いている席に座りました。
祈祷は20分ほどで終了し、名前を呼ばれたら出口に行き、手形の色紙と、紅白まんじゅう、お米を頂いて帰りまた。お宮参りって、こんなものなかぁ、といったのが感想です。アッというまに終わりました。そのあと、両家の親と一緒に食事を予約していたので、私たち夫婦の招待で、食事を楽しみ、帰宅致しました。伏見稲荷大社、由緒ある神社で祈祷していただき、良かったです。

授乳服の『おすすめ』通販サイト

SWEET MOMMY【スウィートマミー】

フォーマルウェアからパジャマまで、授乳服ならなんでも揃う品ぞろえの良さも魅力的な授乳服・マタニティウェア専門店です。芸能人にも愛用されているサイトということで、デザインも質も高い授乳服がたくさん販売されています。平日なら14時まで、土日祝なら12時までの注文なら当日出荷してくれるスピード感あふれる配送も魅力です。基本送料も485円と安価ですが、1万円以上なら送料無料となるサービスも!

高品質で商品充実、探しやすいのもGood♪

キャッシュレス決済で5%還元対象

「SWEET MOMMY」を見てみる

--時間--- 冬支度セール開催中 MAX73% OFF


RECOMMEND

1

赤ちゃんが生まれてから1か月ほどたつ頃に、「お宮参り」という行事があります。 もともとは、土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、祝福を受けるための儀式でしたが、現代では簡略 ...

2

赤ちゃんが産まれて初めての行事「お宮参り」。どんな洋服を着ていけば良いか悩んでいませんか? 「集合写真に映える洋服が着たい」 「赤ちゃんを抱いてたくさん歩くから動きやすい服装にしたい」 「産後の体型を ...

Copyright© お宮参りの輪 , 2019 All Rights Reserved.